日本でも洋風グルメを楽しむのは良いと思いますが、最低限のマナーくらいは覚えておきましょう。

グルメ情報を調べる上で最も有効な手段
グルメ情報を調べる上で最も有効な手段

洋風グルメを外で食べるなら最低限のマナーを

最近はご家庭でも外出先でも洋風グルメを楽しむ機会が増えたのではないでしょうか。鮭は和食のイメージが強いですが、ムニエルにしてナイフとフォークを添えれば洋風グルメに変身します。ご家庭で箸を使わない夕食も珍しくないのではないでしょうか。私は基本的に和食が好きですが、たまには洋食も食べたいと思います。雰囲気も出ますので、ライスも平たい皿に盛って、お箸を一切使わないメニューにすることもあります。

洋風グルメを楽しむのは良いのですが、外ではナイフとフォークの使い方くらいはマナーとして知っておきたいものです。時々とんでもない使い方をしている人を見かけます。ナイフとフォークが苦手なら、お箸を持ってきてもらえば良いだけです。今は洋食のお店でも大抵お箸を置いています。ナイフとフォークは外側から使う、食事中はハの字に、食事が終わったら右側に揃える、この程度はもはや常識です。揃えて置いていると残っていても下げられます。文句を言うと店員さんは謝るでしょうが、悪いのはマナーを知らない客のほうです。

Copyright (C)2017グルメ情報を調べる上で最も有効な手段.All rights reserved.