B級グルメという言葉の意味と、今までの経過や現状、これからの方向性などを幾つかの例から書いてみました。

グルメ情報を調べる上で最も有効な手段
グルメ情報を調べる上で最も有効な手段

B級グルメとその方向性

B級グルメという言葉は、最初に生み出した人が柔軟な思考の持ち主で、とても面白い表現でしたが、最近は余り話題に載らなくなりました。年に1度大会がありますが、その大会には大勢の全国からの参加者があり、それぞれの県などで勝ち残ったチャンピオンが全国大会で競争して、競いあうということですが、見学者も毎年数万人という数で、売上も好調なようです。しかし最近はマンネリ化してきたようにも思います。話題としては大きく成功して一定の効果は出たのでしょうが、それを地域おこしとして継続していくというところで、飽きられてしまうという問題に対処できなかったのではないかとも思います。

しかし、地方の名産品や料理などを紹介できたということでは、グルメという意味でも、効果があり、グルメ界にも刺激を与えたということではないかと思います。地方を活性化するということでは、単発的なヒットでは難しいということですが、B級グルメという言葉を定着させた意義は大きいのではないかと思います。

Copyright (C)2017グルメ情報を調べる上で最も有効な手段.All rights reserved.